【プロテオグリカン】とは何!?



プロテオグリカンは糖タンパクの一種であり、美容成分として注目されているものです。

これはコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿力を高めたり肌のハリや弾力を高める効果がある成分と良く似た効果がありますが、ヒアルロン酸以上の蓄水力を備えています。

「プロテ」はタンパク質を示し「オ」は結合「グリカン」は糖鎖を表現しており、タンパク質と糖鎖が結合したものです。

軟骨や骨、皮膚や血管と様々な場所にある成分であり、皮膚の保湿や新しく細胞を産み出す働きをしています。

美肌を作る為には乾燥肌を防ぐ必要があり、保湿力のある潤い肌は外部からの刺激に強く細菌増殖を防ぐ効果や、肌の生まれ変わりサイクルを守る効果があります。

逆に言えば保湿力の無い肌はバリア機能が働かずに、外部からの刺激に弱くて傷つきやすい肌であり、保湿力を高める事は美肌作りやアンチエイジング効果を高める為に必須のものです。アンチエイジングとは何!?

プロテオグリカンは皮膚に水分を溜めこんだり、ハリや弾力を維持する為にも必須のものであり、肌の代謝時に極めて有効な成分があります。

美容液等にプロテオグリカンが含まれたものが話題になっていますが、従来ヒアルロン酸等で保湿力を高めるケアをしていた方も多いですが、プロテオグリカンを活用すれば保湿力や代謝力を高めて、肌を新しく生まれ変わらせる効果にも期待出来るものです。

肌の代謝を担っており、肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーがうまく働くと、肌の密度が高くなって保湿力の高まった赤ちゃん肌に近づけていける可能性があります。

肌年齢を若返らせる事も可能であり、肌の年齢とは保湿力が大きな要因になります、プロテオグリカンを活用する事で保湿力を高めて肌のターンオーバーを促し、シワ予防や顔のリフトアップにも繋がります。



ちなみに【ヒアルロン酸】とは!?

ヒアルロン酸というと、お肌の保湿成分として欠かせないものと紹介される成分です。

このヒアルロン酸は、もともと体内にあるもので水分を保持する力がとても強いので、敏感肌や乾燥肌対策の化粧品には必ず配合されているといっても大げさではありません。

体内にあるヒアルロン酸は、年齢とともに減少していきます。

コラーゲンと同じでだんだん減っていってしまうので、高齢になるとお肌がカサカサしてくるのです。

特に急激に減少するのが30代からだと言われていますが、ヒアルロン酸が減少すると、お肌のしわが増えたり、シミができやすくなるとされています。

ヒアルロン酸を多く含む食材、例えばこんにゃくなどを食べて補うとともに、化粧品で
も補ってあげることで若々しさをキープできます。

ヒアルロン酸にも色々な種類があり、メーカーによってどのような質のものを使っているかも異なってきます。

微生物から抽出したもの、乳酸菌などを加工して作られたものから、鶏のトサカから抽出した天然のもの、などがあります。

最近は鮭から抽出されるヒアルロン酸も注目を集めています。

鮭から抽出されたものは、抗酸化作用も高くて、アンチエイジング効果が高いと言われています。鮭・サーモンに含まれる「アスタキサンチンの効果」

美容外科の注射でもいくつかの種類のヒアルロン酸が使われているようで、それによって効果も異なるとされていました。

お肌の為を考えるとできるだけ天然のものから抽出されているような安全で効果的なもので手軽な価格で購入できるというのが、続けるための条件です。

サプリメントを摂取するとなると、分子の大きさも重要で、吸収されやすい形になっているのかで効果も大きく変わってきますので、上手に化粧品などを選んで効果を発揮させられるようにしたいものです。


【関連ページ】
化粧品の主成分と効果



プロテオグリカンの効果|元化粧品販売員が解説

スマホから閲覧している場合は、サイドバーをクリックすると関連ページがでますよ♪



このページの先頭へ