【プロテオグリカン】がお肌に効果的な理由は!?



お肌の弾力や、モチモチした触り心地に効果的な美容成分といえば、コラーゲンやヒアルロン酸などがよく知られていますが、最近になって世界的に注目されているのが、プロテオグリカンという成分です。

このプロテオグリカンには、保水量が強いといった特徴があります。

保水力といえば、ヒアルロン酸がその優秀選手として有名ですが、なんとプロテオグリカンの場合には、そのヒアルロン酸の130%もの保水力をもっているとされています。

ですから、プロテオグリカンなら、お肌の奥でしっかりとコラーゲンをつなぎとめ、弾力のある状態を長く維持してくれるというわけです。

いくらコラーゲンを摂取したとしても、それだけでは弾力のあるお肌はつくることができません。

保水力の高いプロテオグリカンがコラーゲンとの間をとりもってくれるからこそ、水分や栄養素をぐんと蓄えてくれて、プルプルのお肌をつくることができるのです。

プロテオグリカンは、お肌のみならず、軟骨や骨にも存在していて、その保水力によってスムーズな動きを助けてくれています。

このはたらきは、よく関節に良いといわれるコンドロイチン硫酸をも上回ってるほどです。

もともとお肌にも存在しているプロテオグリカンですが、やはり年齢とともにどんどんその量は減少してしまいます。 

しかしプロテオグリカンには、塗布すれば自らのプロテオグリカンも増加させ、お肌全体のターンオーバーを促してくれるはたらきもあるので、古い皮膚は排出させ、どんどん新しい皮膚を作り上げてくれるといったうれしい効果もあります。






【ヒアルロン酸】と何が違うの!?

美容に良いと話題のプロテオグリカン。

でもそれってヒアルロン酸なんかとはどう違うの?そんな声も耳にしますが、本当のところはどうなのでしょうか?

確かに保湿力に優れているという点で、プロテオグリカンとヒアルロン酸は似ています。

皮膚や軟骨、関節に多く含まれているという点も似ていますね。

でもヒアルロン酸はムコ多糖類と呼ばれる物質で、水に溶かすと粘性の高い液体になります。

これに対してプロテオグリカンは糖たんぱく質といって、糖とたんぱくが結合した物質で水に溶かすとサラサラとした液体になり、高い粘性はありません。

また美肌への役割で言うなら、ヒアルロン酸は肌の潤い、保湿などを行う働きを主に担い、一方プロテオグリカンはそういう働きもある上に、コラーゲン、ヒアルロン酸などの生成を促したり、お互いの効果を発揮させる役割も担っています。

美肌への効力について言えば、ヒアルロン酸は分子量が大きい。

だから肌の表面を覆っている間は高い保湿力を発揮するけれど、肌内部へ到達するような浸透力がなく、肌内部への保湿効果はあまり期待できません。

これに対してプロテオグリカンは、分子量がヒアルロン酸よりも小さく浸透性が高く、だから肌の内部まで深く浸透しやすく、時間が経っても乾燥が少ないのです。

さらに、変形性関節症による関節炎への効力があります。

ヒアルロン酸の経口摂取による変形性関節症への効果は、医学界では疑問視されていますが、プロテオグリカンには炎症性免疫細胞のはたらきを活性化する物質の活動をブロックする力があることが確認されており、これよって変形性関節症の関節炎の炎症を抑え、鎮める力を発揮するのです。

加えて、プロテオグリカンはただ炎症を抑え鎮めるだけではなく、軟骨の分解と合成の促進、すなわち軟骨の代謝を促進する働きも確認されています。

この二つの力で関節痛の緩和・改善にも役立っているのです。

美容に良いだけではなく関節痛の改善にも効果が確認されており、ここがプロテオグリカンの特徴であり良いところ、と言えるでしょう。



【プロテオグリカン】美容商品のアクアプロテオ





プロテオグリカンは、その効果からさまざまな美容商品に配合されています。

まずはやはりスキンケア化粧品ですが、プロテオグリカンは、ヒアルロン酸をしのぐほどの保水力をもっているので、化粧水と美容液両方の効果を1本でおぎなうことができます。

例えば、テルヴィスアクアプロテオは、プロテオグリカンを配合していることで十分な保水性があるために、化粧水を付けることが必要なく、洗顔をしたあとにはこれ1本でケアが終了してしまうという優れものです。

よく、オールインワンのスキンケア化粧品はたくさんありますが、たいていはヒアルロン酸の保水力によってあのジェル状のテクスチャーがなりたっています。

しかしそんなヒアルロン酸よりも高い保水力をもっているのがプロテオグリカンなので、オールインワンの先を行くスキンケア化粧品だといえるでしょう。

混合肌で、部分的に乾燥が気になる人や、お肌がくすんで、透明感がなくなってきたというひと、そして、夕方になってくるとどんどん乾燥がすすんでくるというような人には、こういったプロテオグリカン配合の美容液が適しています。

外からのケアだけではなく、内側からもプロテオグリカンを使用して美容につとめたいという人には、プロテオグリカンコラーゲンもおすすめです。

こちらは、コラーゲンやヒアルロン酸、マンゴスチンエキス、そしてプロテオグリカンが配当されており、飲むことでたるみのない、弾力のあるお肌をとりもどしていくことができます。

コラーゲンの美容飲料はたくさんありますが、プロテオグリカンは、コラーゲンやその他の美容成分をつなぎ、包み込んで留めてくれるような働きをしてくれますから、弾力アップにはより効果的です。





【関連ページ】
化粧品の主成分と効果



プロテオグリカンの効果|元化粧品販売員が解説

スマホから閲覧している場合は、サイドバーをクリックすると関連ページがでますよ♪




このページの先頭へ