ヒアルロン酸Naの効果とは!?

ヒアルロン酸ナトリウムの特徴は、ヒアルロン酸1グラムに対して約6千倍の6リットルという驚異的な保水力なんです。

この保水力の効果が注目され、大手化粧品メーカーから多くのヒアルロン酸配合の商品がでています。

一般の方も聞いたことがある成分ではないでしょうか。

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分で、性状としてはネバネバしたもので、皮膚や筋肉や軟骨を構成する主成分となっています。

人間の体を作っている無数の細胞同士をくっつけ合い、勝手に細胞がバラバラに移動しないようする「結合組織」の主成分です。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織という3つで構成され、このうち真皮は、コラーゲンやヒアルロン酸といった繊維などでできています。

これらの繊維が劣化して弾力を失うことによって、張りがなくなったり、シワができたりします。

多くの化粧品に配合されるヒアルロン酸ですが、直接皮膚の真皮に浸透して、ヒアルロン酸を補給するわけではありません。

しかし、前述したとおり、保水能力が優れているため、表皮の外側にある角質層で水分を維持して、うるおいを保つことができます。

乾燥肌にも大いに効果が期待できます。

しかし、ヒアルロン酸の経口摂取については、効果が認められていません。

これは、飲んでも体内で分解されてしまうため、ヒアルロン酸として保水効果を果たさないためです。

またヒアルロン酸は、水に溶けやすく、油分とは異なるしっとりとした質感があり、肌なじみも良いため、化粧品としての使用感にも優れています。

分子量が大きく、空気中の湿度に左右されずに、保湿性を一定に保つため、安定性が高く、クリーム・乳液・美容液、目薬、シャンプーに至るまで幅広く使用されています。

また、体内のもともとある成分なので、安全です。

アレルギーの心配についてですが、ヒアルロン酸はタンパク質で構成されているのではありません。

アレルギーはタンパク質によって引き起こされるものですが、ヒアルロン酸は結合した糖ですので、アレルギーを引き起こすことは、純粋なヒアルロン酸単体ではあり得ません。

ヒアルロン酸は体内での必須成分であり、化粧品としては、アレルギーの心配なく、保湿効果が大いに期待できる成分です。


<<【プロテオグリカン配合】のモイスチュアリキッドの効果は!?






【関連ページ】
【プロテオグリカン配合】のモイスチュアリキッドの効果は!?


プロテオグリカンの効果|元化粧品販売員が解説

スマホから閲覧している場合は、サイドバーをクリックすると関連ページがでますよ♪




このページの先頭へ