ビタミンB6の効果は!?

ビタミンといっても、さらに細かく種類が分類され、それぞれに役割は異なり、それぞれ私たちの体に必要な栄養素です。

その中のビタミンB6の効果に焦点をあててみたいと思います。



ビタミンB6とは?

ビタミンB群には、B1、B2、B6、B12など数種類あり、どれもたんぱく質の分解に必要な栄養素であり、特にビタミンB6はたんぱく質をアミノ酸に分解するのに必要です。

アミノ酸は爪や筋肉、髪の毛、細胞の生成をする重要な役割を持っていますが、ビタミンB6が足りないと、摂取したたんぱく質も無駄になってしまいます。

サプリメントやプロテインを積極的に接種しても、それだけでは不足なので、たんぱく質を多く摂る人ほどビタミンB6は一緒に摂取したい栄養素なんです。

ではどんな食品に含まれているのでしょうか?



ビタミンB6を含む食品

肉類(特に鶏胸肉)、レバー、マグロ、カツオ、サンマ、鮭、じゃがいも、バナナ、豆類、にんにく、牛乳、野菜の葉菜類などさまざまな食品に含まれています。

ジャンルもさまざまなので、毎日の献立に取り入れやすいですね。



ビタミンB6が不足するとどうなるの?

それでは具体的に、私たちの体にどういった症状がみられるのでしょうか?

例えば、ビタミンB6は皮膚炎の予防をしてくれます。

不足すると湿疹や口内炎、新陳代謝の低下、老化などにも繋がり、これらの予防に効果が期待でき、またビタミンB6は、美容にも必要な成分なのです。


他にも、精神的な影響も見られますが、月経前にうつが強くなるという女性は、ビタミンB6が不足しているというデータも出ています。

心にも関わってくるビタミンB6。

普通の食生活で過剰摂取は心配のない成分ですが、サプリメントなどで摂取する場合は過剰摂取に気をつけましょう。

感覚神経に障害を持たらすという報告もあります。



食生活に左右される私たちの体

体の組織に必要不可欠なビタミンB6。

私たちは普段細かい栄養素まで気にせず食生活をおくっていることが多いですが、体がだるい、疲れやすい、筋肉の衰えを感じるなど症状が見られたら、一度食生活を見直してみるといいかもしれません。

症状の目的に合わせて、不足していそうな栄養素を含む食品を積極的に摂取していきましょう。


<<マスターホワイトの成分は!?


【マスターホワイト】の効果はこちら





【関連ページ】
【マスターホワイト】の効果
マスターホワイトの評判、レビュー


プロテオグリカンの効果|元化粧品販売員が解説

スマホから閲覧している場合は、サイドバーをクリックすると関連ページがでますよ♪




このページの先頭へ