【プロテオグリカン】が間接痛に効果的な理由は!?



関節痛の原因の多くは、関節を支える軟骨がすり減ったり、軟骨自体の弾力が失われることにより起きると言われています。

通常、軟骨に関しては体内で生成されているわけですが、年齢を重ねるとともにその生成能力が低下していき、関節を支えることが難しくなっていきます。

若い人より歳を経た人のほうが関節痛になりやすいのはそのためです。

関節痛にならないためには常に軟骨の生成を行う必要があるわけですが、その生成を手助けしてくれるのがプロテオグリカンと呼ばれる素材です。

もともとプロテオグリカンは体内に存在しており、新しい細胞を作り出したり肌の保湿を保つ役割をしています。

美容効果の高いプロテオグリカンは、どちらかといえば女性のアンチエイジングに効果がある美容成分という認識で知られている場合が多いのですが、実はプロテオグリカンの新しい細胞を作り出す機能が、すり減った軟骨の生成を促すためにとても重要な役割をしてくれます。

年齢を重ねると新しい細胞の生成がし辛くなるのですが、プロテオグリカンを摂取することにより新しい細胞を生成しやすい状態にしてくれますし、プロテオグリカンの保水効果も関節痛を和らげるためにはとても重要です。

軟骨はその名の通り柔らかいため、重要になってくるのが内部に含まれている水分量です。

水分量が維持できないと軟骨も弾力性を失いますから、徐々に薄い状態になってしまいます。

その状態が続くことで骨と骨を支えにくくなり、関節痛を発症してしまうという理由をプロテオグリカン保湿力が、軟骨内の水分量を維持する役割をしてくれますから、新しい細胞の生成向上と共に、生成された軟骨の維持にも大きな力を発揮してくれるということです。

このようにプロテオグリカンは関節痛の緩和にとても有効な成分だと言われています。

関節痛の原因と対策!?

そもそも関節痛とはどのようにして起きるのでしょう?

骨と骨との間にある間接にはつるつるした軟骨が存在します。

この軟骨が、関節が動くときの衝撃を吸収し動きをなめらかにしていますが、老化や過剰な運動による関節の稼働させすぎによって、軟骨の量が低下すると関節に直に衝撃が来て、痛みが走ります。

これが関節痛なのです。

この状態が進行すると、痛みがだんだん激しくなり、さらには関節を損傷して関節炎を引き起こす可能性があります。

こうならないためにも、関節痛を感じたら早い段階での加療が望ましいです。

しかしどうやって?

単なる痛み止めではすり減った軟骨は回復しませんので、軟骨にふさわしい栄養を取ることで回復させる必要があります。

そこで登場するのがプロテオグリカン。

このプロテオグリカンは関節痛をやわらげ、よりひどい症状である関節炎を抑え、軟骨を再生させます。

プロテオグリカンとは糖とタンパク質の複合体の総称で、脳や臓器、皮膚など人体のあらゆる部分に存在します。

組織を形成したり細胞間伝達物質としての機能を持ち、生体において様々な役割を果たし、もっとも重要な存在とまで言われています。

軟骨においては、周辺細胞から分泌され、コラーゲンと結合し軟骨の主要組織を形成します。

いわば軟骨の材料となっているわけです。

このプロテオグリカンを経口摂取すると、関節にプロテオグリカンが行き渡り軟骨が再生するのです。

漢方で有名な中国には「同種同食」という思想があります。

体が悪いときはその悪い部分と同じ部分の料理を食べると治る。といったような思想です。

例えば肝臓が悪い人はレバーを、胃腸の悪い人はホルモンを食べる、という感じで、非常にシンプルな考え方ですが、古来より効果が大きいとされてきて、現代の研究でも実際に効果が実証されてきています。

現代的な治療法で言えば、肌荒れには皮膚に多く含まれるコラーゲンを摂取する、というのも同種同食と基本的には同じ考えです。

この、関節痛にはプロテオグリカン、というのもまた同じで、いち早く軟骨を再生させ、関節痛を止めるために、その材料であるプロテオグリカンを摂取するのです。

プロテオグリカンを摂取したからと言って、一朝一夕で軟骨が回復する訳ではありませんが、徐々に軟骨を再生していくので時間がかかります。

だからこそ早めの対策が必要となります。

転ばぬ先の杖としての関節痛の予防にも当然プロテオグリカンは働きます。

関節痛の回復、予防にプロテオグリカン、「最近関節に痛みが…」という方はいち早く始めることをおすすめします。


【関連ページ】
化粧品の主成分と効果


プロテオグリカンの効果|元化粧品販売員が解説

スマホから閲覧している場合は、サイドバーをクリックすると関連ページがでますよ♪




このページの先頭へ