【変形性ひざ関節症】について

歩くときに「痛い」と感じたら、変形性ひざ関節症を疑え!

人によっては、40歳ぐらいから歩くときに「痛い」と感じることがありますが、このような場合、変形性ひざ関節症の疑いがあります。

簡単な対策としては、ロコエースなどのプロテオグリカン配合のサプリの摂取や筋力トレーニングが効果的と言われています。





変形性ひざ関節症は、なぜ痛みを感じるのか

年齢を重ねるごとに「腰」や「ひざ」などに症状が現れ、悩む人が増えてきます。

膝の場合は、これらの症状の多くが変形性膝関節症などと言われています。

もともと膝を構成する物質は、骨と骨がぶつからないように「軟骨」という組織で覆われていますが、歳をとるにつれて間接の軟骨が減り、骨と骨がぶつかり痛みが生じるというわけです。

変形性膝関節症は、痛み以外にも腫れや熱が起こったり、間接に水がたまったりすることもあります。

ひどいときには、骨と骨がぶつかりあう音が聞こえることもありますので、そのような症状にならないように対策と予防をするおくことが重要です。




変形性ひざ関節症の症状をチェックしてみましょう♪


このような症状があれば変形性ひざ関節症を疑いましょう。

  • 膝が赤くなっていないか
  • 昔よりも O 脚になっていないか
  • 膝が腫れていないか

これらの症状がある場合は、似たような症状に「化膿性関節炎」「関節リウマチ」などもあり、まずは整形外科などの病院で調べる必要性があります。

自己判断をするのはやめておきましょう。



変形性膝関節症の原因は

年齢以外に、変形性ひざ関節症の原因は、幾つかあります。

運動不足や遺伝、 O 脚、肥満、膝に負担なる仕事などが挙げられますが、この中で最も肥満という要因がひざの負担を重くしている原因と言われています。

もともと膝は歩く時に3倍の負担があると言われます。

肥満というのは体重を減らすことでひざへの負担を軽減することができ、変形性ひざ関節症の症状をかなり抑えることに効果的です。

サプリなどで軟骨成分などを摂取しつつ、できるだけ自分のできる範囲の努力をしていく必要があります。

他にもひざなどの筋力をつけることで対策することができます。



変形性膝関節症の痛みが軽い場合の対策と予防

変形性膝関節症が発症する前と変わらずにあまり痛みを感じない場合は、軽い変形性膝関節症なんですが、このような場合は、病院でエックス線検査の画像などで見ると、関節の隙間がほんの少しだけ狭くなっています。

階段や歩くときに違和感を感じるような自覚症状が現れます。

プロテオグリカン配合のサプリや筋力トレーニングなどで対策していく必要がありますが、一時的に痛みが軽減されると安心してしまうのは良くないです。

軽い場合は、サプリメントを摂取するか日常生活でのひざの負担を減らし、膝の関節を支える筋力のトレーニングや、肥満体型ならば、体重を減らすことで痛みなどの症状をかなり改善することができると言われています。

これらの軽い変形性ひざ関節症の時に何もしないでおくと、痛みが強くなり手術などの必要も出てきますので注意する必要があります。


【今なら定期購入 初回特価キャンペーン実施中!!】
通常価格4320円 ➡ 1980円(送料無料)
 

↓【公式サイトはこちら】↓
 





【プロテオグリカン配合】のロコモエースの効果は!?



【関連ページ】
【プロテオグリカン配合】のロコモエースの効果は!?
ロコモエースの評判、レビュー
【Ⅱ型コラーゲン配合】のロコモエースの効果|


プロテオグリカンの効果|元化粧品販売員が解説

スマホから閲覧している場合は、サイドバーをクリックすると関連ページがでますよ♪

このページの先頭へ