【プロテオグリカン配合】のアセチルグルコサミン

人の肌や間接は水分で満たされている事で滑らかな動きを可能としています。

体内が水分で満たされているのはヒアルロン酸という物質の働きのおかげですが、加齢と共にこのヒアルロン酸が減少する事で肌の衰えや間接の痛みといった現象を引き起こします。

数年前にグルコサミンを摂取すればそれが体内に吸収される際にヒアルロン酸になるので間接痛に効くという話が有名になり、多くのグルコサミン配合サプリが発売されてきました。

また、ヒアルロン酸を直接摂取すればいいという事でヒアルロン酸配合のサプリも発売されています。

ところが、グルコサミンやヒアルロン酸を摂取すれば間接痛などに効くという説は間違ってはいませんでしたが、完全な正解では無かったのです。

従来のサプリに含まれるグルコサミンの多くが酸化して性質が変化してしまったグルコサミンであり、体内でのヒアルロン酸への変化がそれ程見込めない事が分かったのです。

そして、ヒアルロン酸をサプリで摂取するという方法もヒアルロン酸そのままでは分子が大きい為、体内への吸収という方法で摂取するのは分子の小さいグルコサミンに比べ不向きだという事が分かりました。

そこで新たに注目される事になったのがアセチルグルコサミンです。

アセチルグルコサミンとは、酸化していない天然の状態のグルコサミンの事を言い、この物質は人体の中にも存在しています。

これに対して、これまでのサプリで使われていたグルコサミンはグルコサミン塩酸塩という物質だったのです。

グルコサミン塩酸塩を摂取した時には、一旦アセチルグルコサミンに変化させてからさらにヒアルロン酸に変化させるという二つのステップが必要でしたのでサプリ一粒ごとの吸収効率が悪く、肉体への負荷も大きかったのです。

これに対し、アセチルグルコサミンを使っているサプリならば体内に入ればそのままヒアルロン酸へと変化されるから吸収効率も良く、従来のグルコサミンサプリよりも少ない摂取量で以前の商品以上の効果を得られるのです。





【関連ページ】


プロテオグリカンの効果|元化粧品販売員が解説

スマホから閲覧している場合は、サイドバーをクリックすると関連ページがでますよ♪




このページの先頭へ