プロテオグリカン最新情報


【プロテオグリカン】についてのまとめサイトです♪

元化粧品販売員が解説


プロテオグリカンの効果まとめ

  • 肌への効果として、保水量、皮脂量のバランスを整え、うるおいとハリ、色素沈着の予防と改善、新陳代謝の促進
  • 健康面での効果は、糖尿病などの生活習慣病、血管の老化、癌などの予防
  • 変形性関節症の予防や改善などに効果的
プロテオグリカンの効果は、美肌に限らず、サプリメントなどで体内に摂取することで健康面での生活習慣病の予防や改善にも繋がります。

とても簡単に効果をまとめてみましたが、どのような成分がどのように作用するかは、当サイト内ページで解説していますのでご覧ください♪



【プロテオグリカン】とは何!?



プロテオグリカンは糖タンパクの一種であり、美容成分として注目されているものです。

これはコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿力を高めたり肌のハリや弾力を高める効果がある成分と良く似た効果がありますが、ヒアルロン酸以上の蓄水力を備えていると最近話題なんです。

「プロテ」はタンパク質を示し「オ」は結合「グリカン」は糖鎖を表現しており、タンパク質と糖鎖が結合したもので、軟骨や骨、皮膚や血管と様々な場所にある成分であり、皮膚の保湿や新しく細胞を産み出す働きをしています。



【プロテオグリカン】がお肌に効果的な理由は!?



お肌の弾力や、モチモチした触り心地に効果的な美容成分といえば、コラーゲンヒアルロン酸などがよく知られていますが、最近になって世界的に注目されているのが、プロテオグリカンという成分です。

このプロテオグリカンには、保水量が高いといった特徴があります。

保水力といえば、ヒアルロン酸がその優秀選手として有名ですが、なんとプロテオグリカンの場合には、そのヒアルロン酸の130%もの保水力をもっているとされています。




【プロテオグリカン】が間接痛に効果的な理由は!?



関節痛の原因の多くは、関節を支える軟骨がすり減ったり、軟骨自体の弾力が失われることにより起きると言われています。

通常、軟骨に関しては体内で生成されているわけですが、年齢を重ねるとともにその生成能力が低下していき、関節を支えることが難しくなっていきます。

若い人より歳を経た人のほうが関節痛になりやすいのはそのためです。



体に大切な【プロテオグリカン】の保水力



プロテオグリカンのすぐれたはたらきで特筆すべきなのは、その保水力といえます。

お肌が乾燥しがちだと、化粧水を頑張ってたくさん塗ろうとする人もいると思いますが、保水力のない化粧水であれば、どれだけたくさん塗っても、つけた瞬間はお肌に水分があっても、時間が経つうちに流れていったり蒸発していったりと、お肌自体には水分が残りません。

そこで求められるのが、水をたくわえてその場にとどめてくれるような保水力なのです。



【プロテオグリカンコラーゲン】の摂取方法と効果



プロテオグリカンを気軽に摂取したいひとには、粉末状になっているプロテオグリカンコラーゲンが手軽な方法といえます。

以前から、プロテオグリカンの美容効果には注目が集まっていましたが、実際には抽出するのが困難だったこともあり、とても高価なものでした。

しかし、技術の進歩でこうして日常生活でも気軽に摂取できる成分にまでなってくれました。



プロテオグリカンは「膝が痛い」のを軽減させる!?




膝が痛くて歩くのも困難であると言う人も多いのではないでしょうか。

若い時には時に意識しなくても出来た階段の上り下りなども、歳を経て膝の痛みなどがある場合にはなかなか簡単には出来ないものです。

何故、齢をとると膝の傷みが出やすくなるのかといえば、原因として人間の関節は骨と骨との間に関節軟骨と呼ばれる軟骨があり、それがクッションの役目をして関節をスムーズに稼働させているわけです。

これらの関節の仕組みとプロテオグリカンの成分がどのように効果的なのかを開設しています。









このページの先頭へ