ベラジョンカジノ徹底ガイド

ベラジョンカジノの入金制限!原因と解除方法

ベラジョンカジノの入金制限!原因と解除方法

ベラ子

ベラジョンカジノの入金制限の原因と解除方法などについて解説しています。

このページではベラジョンカジノに入金制限を行われてしまった。または入金制限のことについて知りたいという人向けに記者の経験も交えて解説していきます。

>>ベラジョンカジノの入金方法!全ての入金方法の種類

ベラジョンの入金方法
クレジットカード MasterCard(マスターカード)
VISA ecoPayz(エコペイズ)
iWallet(アイウォレット) デビットカード
VenusPoint(ヴィーナスポイント) JCB(裏技)

ベラジョンカジノの入金制限には2つのタイプがある

ベラジョンカジノの入金制限には2つのタイプがある

入金制限には2つのタイプがあります。

  • ベラジョンカジノ側が利用規約に基づき安全保証の観点からカジノ側が入金制限を課す場合
  • 自分からギャンブルにのめり込むことを防ぐために自己規制により入金制限を課す場合

自分から入金制限をかける分にはあまり問題はありませんが、カジノ側に入金制限を課されてしまうとやりたいと思ったときにできずに不便です。

原因と解除方法を記載していくのでご覧下さい。

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

カジノ側に入金制限をされてしまった!?その原因

カジノ側に入金制限をされてしまった!?その原因

  • 本人確認を行っていない状態で大きな勝利金を手にした
  • クレジットカード入金後、本人確認をせずに長い間放置した
  • その他カジノ側が問題と判断した場合

これらの原因が考えられます。自身の経験上から言える確実に言えることはこの2つです。この中で1番目の『本人確認を行っていない状態で大きな勝利金を手にした』と2番目の『クレジットカード入金後、本人確認をせずに長い間放置した』はまさに自身の身に起きたことなので他のサイトにはない情報を共有できるのではないかと思います。

本人確認を行っていない状態で大きな勝利金を手にした

本人確認を行っていない状態で大きな勝利金を手にした

まずはこれです。ベラジョンカジノはインターカジノ系列のオンラインカジノということはご存じでしょうか?

インターカジノはオンラインカジノとしてのパイオニアで1996年から運営を始めています。入出金周りのユーザーインターフェイスは特に似ているのでベラジョンカジノとインターカジノを両方とも経験している人は関係性に気付いている人もいるのではないでしょうか?

ポイント!
運営会社が同じオンラインカジノというのは他のカジノでも見られ、特段珍しいことではありません。ベラジョンカジノが日本人向けにマーケティングされたカジノで、インターカジノは世界の人をターゲットとしていると記者は捉えています。

さて本題に戻りますが、その同系列のインターカジノでまず一回目の入金制限を喰らってしまいます。内容は『安全保証の理由により、カード決済を制限するね』ということでした。入金してから5日ほどたったくらいの出来事でメールの一部を載せておくとこんな感じです。

メールの本人認証の依頼

そのときに5千円ほど入金して50万円ほど勝ったお金はほぼスってしまいかなり気分を落ち込ませていたので、入金制限を喰らっても痛くも痒くもなく長らく放置していました。3ヶ月くらい経ってからまたインターカジノでプレイしたいなと思い本人確認の書類を提出しました。そのときに必要になったものは以下の4つです。

  • 身分証明書(運転免許証、パスポート、住民記帳台帳カード)
    いずれも裏面があるものは裏面も必要
  • 身分証明+自分の顔の自撮り写真
  • 住所証明(3ヶ月以内に発行された、お客様名義の住所証明の書類の画像)
    -クレジットカード明細
    -公共料金のご利用明細
    -住民票など
  • 入金時に使用したクレジットカードの両面の証明画像(4619-11xx-xxxx-3333のように最初の6桁と最後の4桁以外を隠したもの)

これらを提出しなければいけませんでした。特にクレジットカードの証明画像はジャパンネット銀行のカードレスデビットを使用していたこともあり、一回目は両面がないということを伝え忘れたためもう一度送ってくれと依頼され、2回目はスクリーンショットにURLアドレスが写っていないということで差し戻され、3回目にしてやっと認証が通りました。この間必要になった期間は2週間とちょっとです。

ポイント!
このようなことにならないために、新規登録時に入金に使用するクレジットカードなども含めて先にKYC(本人確認)を済ませておくことが望ましいです。今回出金することはなかったのでダメージはあまりなかったですが急にカジノで使っているお金まで必要になったというときは一大事なのでリスクは少ない方がよろしいのではないでしょうか?

参考⇒ベラジョンカジノにデビットカードで入金できない8つの原因

本人確認を行わず放置

本人確認を行わず放置

ベラジョンカジノにても入金制限をされてしまいました。クレジットカード入金後、出金することもなかったのでしばらく放置しました。期間にして1ヶ月ほどです。そして、いいキャンペーンが届いたのでもう一度やりたくなりVisaカード入金しようとすると・・・無い!クレジットカード入金の欄がすっぽりと無いのです。ecoPayz(エコペイズ)をはじめとする他の決済方法は使えたのですが、クレジットカード/デビットカード入金はできなかったのです。

入金制限の解除には上述の本人確認書類4つが必要でした。身分証明書と、住所証明書身分証明とのセルフィークレジットカードの画像です。ベラジョンカジノは最近忙しいのかサポートの応答がイマイチでこちらは送信してもなかなか受領の返事さえもらえずでした。最終的に解除に至ったのは1ヶ月の期間を要しました。

登録時に本人確認を済ませておくことが大事

登録時に本人確認を済ませておくことが大事

記者の場合は出金することがなかったので特に痛手を受けていないのですが、出金時に本人確認を済ませていないとかなりの期間を要するようで、それが『ベラジョンカジノは出金できない』という悪評につながっているのだと思います。

ヨーロッパのゲーミングライセンスをもつ会社は総じてマネーロンダリングには気をつけているので出金時に賭け方に問題がないかなどかなり細かく検査されます。その結果出金は即時ではなく長くて1日かかるというわけです。少しでもその時間を短くするために登録時に本人確認を済ませておくことを個人的におすすめします。

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの自己規制で自ら入金制限を行った場合

ベラジョンカジノではギャンブル依存性を防止する目的で自己規制の機能も設けています。自ら入金制限を行うことができるので、使いすぎやのめり込みが怖い人は使用してみてはどうでしょうか?ここでは自己規制について紹介していきます。

入金制限

入金制限

自分で制約をかけることになります。この設定を行うことで賭けすぎることを防ぐことができるのですが、解除が24時間で出来てしまいます。入金制限に達した後。解除の申請から24時間後に反映されるのですがこの間にもう一度頭を冷やしておきましょうということです。

時間制限・ゲームプレイ制限

時間制限・ゲームプレイ制限

これはそれぞれゲームプレイする時間自体に規制をかける時間制限とゲームをプレイしているとポップアップメッセージが表示され続行か中断かを選択できるゲームプレイ制限があります。いずれも比較的短い期間での制限になります。

ロス制限

ロス制限

“入金金額”に対して負け額の制限を行えます。勝利金の負け額は考慮されないので注意が必要です制限に達した場合設定した日数ゲームがプレイできなくなります。

退会・ログイン規制

退会・ログイン規制

こちらは長期にわたっての制限になります。ログイン規制は最小1日から無期限まで。ログイン制限を行った場合どんな理由でも取り消しできないので、注意が必要です。強さとしては退会よりもログイン規制(無期限)の方が重いです。詳しくは以下のページよりどうぞ

ベラジョンカジノの再登録・退会方法と注意点

まとめ

まとめ

  • カジノに入金制限をされた場合、重大な違反でなければ確認書類を提出することで解除が可能
  • KYC(本人確認)を登録時に済ませておくと後々便利
  • ギャンブル依存性が気になるひとは自己規制も考える

このページにたどり着いたということはなにかしらのトラブルを抱えられているのだと思います。この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

以上でベラジョンカジノの入金制限に関する解説は終了です。

【関連記事】ベラジョンカジノ入金方法はこちら

コメントを残す

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く