ベラジョンカジノ徹底ガイド

ベラジョンカジノの禁止行為

ベラジョンカジノの禁止行為

この記事ではベラジョンカジノの禁止行為を解説していきます。

これらの行為をしてしまうと勝利金の没収やアカウントの閉鎖をされてしまうため疑わしい行動はしない方が無難です。一般的にプレイする分には特に問題はないのですが、知らず知らずのうちに利用規約違反をしているかもしれないので一度は目を通しておいてください。

ボーナスについての禁止事項はまた別の記事で解説していくのでよろしくお願いします。

>【注意】ベラジョンカジノでボーナス没収!?

ベラジョンカジノの主な禁止行為

大きく分けて4つになります。

  • 犯罪行為
  • 不正行為
  • アカウントの売買や譲渡
  • その他の基本的な事柄

犯罪行為

犯罪行為

  • マネーロンダリングなどの資金洗浄
  • 他人のクレジットカードを使うなどの不正行為
  • 犯罪または詐欺行為から得たお金でプレイすること

これらの行為を行うと、当然ですがアカウントの閉鎖にいたります。順番に見ていきましょう。

【犯罪行為①】マネーロンダリング

【犯罪行為①】マネーロンダリング

本場のマカオのカジノではカジノ側がマネーロンダリングの規制を強化すると売上が半分に落ちてしまったという例がありますが、オンラインカジノでもマネーロンダリング対策がなされています。ベラジョンカジノでは出金するには最低1倍のお金を賭けなければいけません。

注意
ライブカジノで大量の資金を入金しオポジベットを行ない1倍を賭けた、というようなことをするのは出金時の調査でわかりますのでやめておいた方が無難です。

【犯罪行為②】他人のクレジットカードの使用

日本で他人のクレジットカードを使うと窃盗罪、詐欺罪に問われるのですが、オンラインカジノでは出金時KYC(本人確認)があります。クレジットカード所有者の名前の口座にしか出金できないので家族の名義のクレジットカードを使ってこっそりとオンラインカジノを楽しもうとしても、犯罪行為を行うだけのことなのでやめておきましょう。

【犯罪行為③】犯罪または詐欺行為のお金でプレイする

【犯罪行為③】犯罪または詐欺行為のお金でプレイする

こちらもマネーロンダリングの項目とかぶるかもしれません。入金や出金する際、ecoPayz(エコペイズ)などを使ってお金の通った道を複雑化すればバレないと思っている人もいるかもしれませんが、日本検察のエリートの力を舐めてはいけません。ゴーン社長が逮捕されたことが記憶に新しいと思いますがそんな人でもマネーロンダリングがバレて拘置所に入れられる事態になっているので、私たちが考えついた資金洗浄法などすぐに見破られてしまうでしょう。

注意
これらの行為がバレた場合、利用規約に疑わしい取引があった場合関連当局に報告するとあるのでベラジョンカジノのアカウントの閉鎖などでは済まないことになります。くれぐれも犯罪行為には手をださないでくださいね。

技術的な不正行為

悪意がなくても犯しやすい違反行為がこれです。

【不正行為①】IPアドレスの隠匿化によるアカウント大量作成

【不正行為①】IPアドレスの隠匿化によるアカウント大量作成

利用規約 2.2

VPNの使用などにより、IPを隠したり、偽装したり、匿名化したりすることは認められていません。

IPアドレスの隠匿化はアカウントを多く登録し$30の入金不要ボーナスを受け取る際に使われることが多いです。VPNとは仮想のネットワークを使いネット上の住所であるIPアドレスを偽装、または匿名化することのできる技術です。

この技術を使ってアカウントを大量作成するという不正行為はできません。

【不正行為②】ハッキング

【不正行為②】ハッキング

利用規約 3.1

当社のウェブサイトにハッキング、またどんな形であれコードを改変しようとすること。

オンラインカジノをハッキングしようと試みる人は少なくないらしく、YouTube上でCPUルーレットの次の出目を解析するという動画をあげている海外の方がいました。実際はFakeだったらしいのですが、こういう行為もこれにあたると思われます。

RNG(乱数発生装置)をハックするということはオンラインカジノのサーバーにアクセスする必要が考えられます。《裏ワザであるこのソフトを使って月十万》などのソフトウェアを自分のパソコンにインストールしても次の出目は絶対にわからないので正しい知識をつけて騙されることはないようにしてください。

参考⇒オンラインカジノのRNGとは?

【不正行為③】ボットなどの使用

【不正行為③】ボットなどの使用

利用規約 7.2(ii)

(ii) ほかの人物と共謀したり、通常のゲームプレイをゆがませる行為(ゲームやゲームの不具合の不当な使用、「ボット」などのソフトウェアの使用、ソフトウェアの操作などを含む)

カジノに関する記事を書いているとよく《一日に10万稼ぐシンプルな方法》、《既に10万人の方が利用し10億円の利益を上げています(原文ママ)》という広告を目にします。中身は自動プログラムいわゆるボットの販売ですが、ベラジョンカジノの5月の合計訪問回数は31,900,000回で95%が日本人らしいです。このうち67%がPornhubなどの広告からのアクセスです。

アクセス解析①

アクセス解析

なので、ベラジョンカジノをお気に入りなどからアクセスした場合は約10,000,000回日本からのアクセスがあることになります。これはあくまでも訪問者数ではなく訪問回数なのでアクティブユーザー数は多く見積もっても10万人くらいでしょうか?なにが言いたいかというとこの広告はいささか無理があるということがわかるかと思います。世界規模のプログラムだったらわかりますが、日本での実績がそれだとねぇといった感想です。

かなり話がそれましたが、そもそもボットを使って儲けることができるのかという話は置いておき、自動化は規約違反ということも覚えておきましょう。

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

他ユーザーとのアカウントの売買及び他人に成り代わって行動すること

他ユーザーとのアカウントの売買及び他人に成り代わって行動すること

TwitterやYahoo!オークションなどでたまにオンラインカジノの代行の話を見かけます。名義を貸して他人にプレイしてもらうというものですが、詐欺の可能性も否定できません。話が進んでアカウントと運用の資金を渡した途端にトンズラされてしまったという話も聞きます。

オンラインカジノを簡単に儲かる投資と思っている方は遅かれ早かれなにかしらの金銭トラブルに巻き込まれてしまうのではないでしょうか?あくまでもオンラインカジノはギャンブルであり個人が楽しむ範囲でプレイしてください。

ポイント!
アカウントを他人に譲渡、売却、取得することも禁止されています。これらの禁止行為を行うと、アカウントの閉鎖、出金要求の拒否、勝利金の取り消しなどの措置が取られるので万が一バレたときのデメリットが大きいです。

参考⇒ベラジョンカジノに名前を間違えて登録した場合の解決策

その他の基本的な事柄

その他の利用規約及び注意事項の内容です。少し表現がお堅いので要点をまとめました。禁止事項ではなく利用するにあたっての注意というところでしょうか。

  • 18歳未満でないこと
  • 他人に不快感を与えるようなユーザーネーム使わないこと
  • 同様の入金手段でしか出金できないことを認知しておくこと
  • ベラジョンカジノがユーザーに誤って誤入金したときはそのお金の所有資金はベラジョンカジノ側にあること
  • カードカウンティングや、ゲームやゲームの不具合を悪用するような行為をしないこと

などのことが利用規約に載っています。普通にプレイする分にはどれもあまり関係のない話ですが、他人に不快感を与えるユーザーネームを使用している人はたまにいます。どういう意図で使用しているのかは理解しかねますがいくらネット空間でもマナーはしっかり守っていきたいです。

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

まとめ

まとめ

普通にプレイしていれば問題はないということがわかるかと思います。ボーナスに関しての禁止行為は細かく様々なものがあるので注意が必要ですが、利用するにあたって気をつけるべき禁止事項は多重のアカウント作成とボットなどの使用くらいではないでしょうか?

以上でベラジョンカジノの禁止行為の記事を終わります。

コメントを残す

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く